得意分野でひとひねり

みなさんがホームページで情報を発信しょうとした時、自分の得意な分野で活動をするべきです。

そうしないと続かないからです。

ところが得意な分野であるが故に、情報を一杯持っています。思い付くままに、あれもこれもと掲載します。

たしかにひとつひとつは有益な情報です。ですが、メインを決めていないと伝わる力が弱まってしまいます。

伝えるパワーが分散するのです。


具体例でシミュレーションしてみます。


Yさんは「お料理のレシピ」サイトを作りました。

自分の得意な料理からどんどん載せて行きます。

見やすさは目線を意識してタテスクロールのみにしました。

カラーリングも食欲の湧く「赤系」にしました。

テーブルクロスをイメージしたバック(下地)も使います。

アフィリエイトも取り入れて、レシピの横に無農薬野菜や美味しそうな食材を紹介しました。


どうですか? イメージ出来ますか?

一見何も問題は無いように思えませんか?

ここでYさんの伝えたいことは何でしょう?

来訪者にレシピを伝えることでしょうか?

アフィリエイトで紹介したモノを買ってもらうこと?

Yさんの答えは「アフィリエイトで収入を得る」ことです。


みなさんもYさんだったら、そう答えるでしょう?

実はこの場合、答えはどちらでも良いのです。

上記の2つを共に活かす「仕掛け」をすればOKなんです。


cookpad_screenshot.jpg■「タイトル(表題)」や「キャッチコピー(売り文句)」で、何のサイトか理解してもらう。

ターゲットの絞り込みも同時に考え、反映させる。


■「メインコンテンツ(主題)」を明確にして、面積の割り振りを考える。

下層ページを作るなど。


■「レシピ」は手順だけで無く、Yさんの「1ポイント」を入れるなど、運営者の存在を感じさせ、「ブランディング(料理ならYさん!)」を図る。

ファンを作って行く感覚で。


いかがでしょうか?

前より読み込んでみたくなりませんか?

ターゲットは若い主婦に絞りました。

来訪者全てにアピールすることは不可能です。

何故なら、需要の無い人には響かないからです。


thumb_400_1_px400.jpg

20%の人に読み込んでもらえたら大成功。

ファンが出来て、Yさんと同じ食材でとか、同じキッチン用品でと、思ってもらえたらアフィリエイトで商品が売れて行きます。

Facebookタイムライン活用術

Facebookページの活用法




●来訪者を逃がさないホーム
ページデザインのコツ!
【ダイジェスト版】

●ホームページで儲けられる
人、儲けられない人。

●Twitter無料レポート
ファンを作り、
ブランディングを確立し、
告知用の機関銃と大砲を
持つためのテクニック
ツイッターは使う人で
スタイルを変える

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「Pinterest」編

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「写真コーナー」編

●売れるメディア作りの魔法
の言葉・AIDMA

●アフィリの神髄!初心者も
解れば出来る月収30万
サイトの作り方【アフィリ
エイトサイト用テンプレー
ト付き】

●Googleアドセンス5段階
攻略法(100点満点テンプ
レート&再配布権付き)

●日本語サイトを一瞬で英語
サイトに変えるスゴ技!
(再配布権付き)

●趣味のサイトで稼ぐための
5Step

●相互リンクが危ない?!
SEO対策の基礎の基礎
安全な被リンクを獲得する
方法(googleページランク
4以上の検索サイト50サイト
リスト付き)

●簡単初心者向け・わかりや
すいSkype(スカイプ)の使い
方【図解&動画】マニュアル
2010年版(再配布権付き)

無料レポート一括ダウンロード








コンテンツ一覧