サイトテーマの決め方

つい先日も教材ご購入者の方で「テーマが決められない」とおっしゃる方がいらっしゃいました。

素晴しいスキルをお持ちで、わたしからすると、うらやましい限りの経験と知識をお持ちなのです。

しかし、ご本人はどんなホームページを作るべきか分からない。

広く言えば、ホームページが妥当なのかもお迷いの内のようです。

 

ちょっと寄り道をして、わたしの起業時点のお話をさせてもらいますね。

わたしはデザインと言う仕事を通して、色んな分野の知識を学ばせていただきました。

クライアントのカタログやマニュアル作りを通して、嫌でもクライアントの分野の知識が入って来ます。

そして、その仕事の中のひとつにネットワークビジネス(MLM)のマニュアルやアプローチブックの制作がありました。

ですから、マルチを語らせたらかなりの知識があります。

あまり言うと嫌われそうなので止めておきますが・・・。


そこで成功哲学や法則、心理学なども学ばせてもらったのですが、起業を考えた時はその成功哲学のエッセンスの eBook(pdfファイル)を販売しょうと考えたのです。

ですが、今、わたしのメンター(導き手)と思っている方から、方向修正のアドバイスをいただいたんですね。

「あなたが知識として持っているものより、
 体験を伝えることで喜ばれるものを提供なさい。」

こう言われたんです。

そして、考えてみると、成功哲学に詳しくても、その成功哲学で成功していないわたしがいることを悟るのです。

良いことは分かっていても、実体験が伴っていないのです。

いや、成功哲学を実践して生まれ変わったわたしがいるのですが、レベルとしたら成功者には程遠いのです。

ちょっと悩みました・・・。


だってデザインの知識を知りたい人が、どれ程いるのか分からないのです。

さらに、わたしからすると商品の本質を伝えるのがデザインなのですが、一般の方からすると、デザインとは見た目でしかないと思ったのです。


デザインとは、

見た目ではなく、

伝えたいことを、

伝わり易く整理整頓して、

分かりやすく届ける。


お恥ずかしい話、実体験があり、自分の言葉で伝えられるものは、「デザインに関しての経験」しかなかったのです。

上手く行くかどうかなんて全然分かりません。

しかし、やってみるしかなかったのです。

 

話を戻して、あなたがインターネットで収入を得ようと考えると、それは何を選べば効率が良いかを考えることになります。

だから、悩んでしまうのですね。

そして横道に反れて、ホームページが良いのか、メルマガか、ブログかと、メディアで悩んでしまったりもするのです。


テーマを決める時は、あなたの経験を通して、自分の言葉で伝えられるもの。

そして、その情報によって喜んでくれる人がいるもの。

それを捜せば良いのです。

一般受けを狙うのじゃ無くて、少数でも良いのです。

ネット人口は7000万人強もいるのです。

その中から、あなたのファンを少しずつ作って行けば良いのです。


リアルの商売でもリピーターやファンは直ぐには作れません。

繁盛店が頑張っている姿を想像してください。

真面目に喜んでもらえることを提供し続ける。

これしか無いのです。

あなたを信頼してくれる人をたくさん作る。

あなたのメディアに集まる人を作る。

それには、あなたの体験を通した知識を嘘偽り無く伝えてください。

キャッシュポイントは、ひとつで良いのです。

あなたのノウハウを買ってくれる人が必ずいます。

Facebookタイムライン活用術

Facebookページの活用法




●来訪者を逃がさないホーム
ページデザインのコツ!
【ダイジェスト版】

●ホームページで儲けられる
人、儲けられない人。

●Twitter無料レポート
ファンを作り、
ブランディングを確立し、
告知用の機関銃と大砲を
持つためのテクニック
ツイッターは使う人で
スタイルを変える

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「Pinterest」編

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「写真コーナー」編

●売れるメディア作りの魔法
の言葉・AIDMA

●アフィリの神髄!初心者も
解れば出来る月収30万
サイトの作り方【アフィリ
エイトサイト用テンプレー
ト付き】

●Googleアドセンス5段階
攻略法(100点満点テンプ
レート&再配布権付き)

●日本語サイトを一瞬で英語
サイトに変えるスゴ技!
(再配布権付き)

●趣味のサイトで稼ぐための
5Step

●相互リンクが危ない?!
SEO対策の基礎の基礎
安全な被リンクを獲得する
方法(googleページランク
4以上の検索サイト50サイト
リスト付き)

●簡単初心者向け・わかりや
すいSkype(スカイプ)の使い
方【図解&動画】マニュアル
2010年版(再配布権付き)

無料レポート一括ダウンロード








コンテンツ一覧