Twitterを集客メディアとして育てるには

ツイッターも何のために作り、運営するのか、これがはっきりしていないと続きませんね。

備忘録でも、ストレスのはけ口としてもでも、見る人がいた場合を無視してでも、書きなぐる事で精神が安らぐなら存在の意義はある。

そして、こう言う場合はレベルは問わない。

見た人は二度と来ないでしょうからね。^^



しかし、事、ビジネスで使うメディアという事になると、質が問われる事が多くなります。

つまり、読者に不快な思いをさせてはいけないのですね。

そして、それにプラスして、好感を持たれるようにしなくてはいけない。



そこで、よく「質」と「量」の問題が話題になりますね。



ボクがツイッターのフォロワー数を伸ばしていたら、「こんな人もいるんですよね。」みたいな言い方をされました。^^

その人からすれば、数が多い事より、つぶやき仲間との「質」の高さを言っているのでしょうが、これって比較すべき項目ではないんですよね。



車で言うと「質」は性能で、「量」はガソリンみたいなものでしょう。

いくら少数で厳選されたメンバーのつぶやきの内容が有意義でも、そこに数が加わる事で、より高度な会話に発展する可能性が出て来ます。

それを自ら否定している事に気付いていない。

もちろん、展開や管理の仕方で炎上して失敗する可能性も高まりますけど。^^



「質」は大事です。

でも、その前に「量」を確保するための作業をして、その中から得られたものを「質」を高めるために使うべきです。

特にビジネスメディアとして使おうとしたならばね。



例えば、ツイッターで色んな人をフォローして行くと、色々なつぶやきのパターンが見えて来ます。



プロフィールページ(ニュースフィード)のつぶやき全てが、「フォローありがとうございます」と言うダイレクトメッセージで埋め尽くされている人・・・。

誰かが見に来たら「?」で終わりです。^^



つぶやきの全てが個人的な事じゃなく、アフィリのリンク付きの紹介ばかりの人・・・。

これも、誰かが見に来てもフォローされないでしょう。^^



それから、言葉が汚い、何言ってるか分からない、この辺は世代のギャップかも知れないので、良くは分からないけれど、それでも、見に来た人からフォローされる確率は減りますよね。



つまり、「量」を意識していない人達は、ツイッターと言うものの基本的に持つ要素しか見ていないのです。

使い方を読んで、理解して、その範囲内で使っている。



それとは別視点で、ツイッターをメルマガのような量的メディアとして、販売促進に使えるかどうかを模索している人や、「育てるメディア」になり得ると確信している人は、悩まずフォロワーを増やす方法を探求し、即、実行して行くのです。



何故なら「質」は「量」の中から産まれて来るからです。



例えば、わたしは焙煎したてのコーヒー豆を、自分で挽いて煎れたコーヒーが好きなのですが、ツイッター上で焙煎したての豆を送ってくれるお店を3つも発見してしまったのです。

ですが、3つとも価格・サービス共に大して差がない。

ツイッターでの囲い込みもしていない。

「集客」と言う観点からすると、わたしと言うリピーター候補がいながら、何も手を打っていない状態なのです。

でも、ツイッターを始め、お店のURLを載せる事で、わたしと言う人間を集客は出来ているのです。



わたしなら、色々つぶやく事で、反応(返信)を見て、

「焙煎仕立てが好きな人」

「豆の産地にこだわる人」

「挽き方の細かさにうるさい人」

「香りにうるさい人」

「酸味が好きな人」

等々、リストを作って仕分けします。

リストは非公開にすれば、フォロワーさんからは見えませんから。



そして、リスト毎に、失礼の無い程度の売り込みをかけます。

「ホームページでは10%オフのところ、
 ◯◯さんは酸味がお好きなようなので、
 ▲▲をお試しで30%オフでご提供致しますが如何ですか?」

と言うようにね。^^

それが気に入ってくれてリピーターに育ったら、後はほったらかし・・・じゃいけないけど、楽でしょう。



これを、100人や200人でやっても売上げとして、はっきりとは見えて来ない。

でも、万単位のフォロワーさんでやると・・・。



「メディアを育てる」とは、数を増やす事だけじゃないんですね。

数を活かすアプローチを仕掛けて行って、リピーター予備軍を掘り起こして行くんです。

それが出来るようなメディアが「育ったメディア」と言えるんです。



さて、これを読んでいるあなたは、ご自分で販売している商品やサービスを持っている方でしょうか?

もし、お持ちなら、ヒントになったのではないですか?



ホームページやブログを使って
商品やサービスの情報を「発信」してみたい方!

ソーシャルメディアを使って
(Facebook、Twitter、アメブロなど)
集客に結びつけたい方!

今すぐ「西」までご連絡を!
このリンクからメールしてください。

もちろん「相談のみ」でもOKですよ~。v(*^o^*)v
※日本全国どこからでも気軽にご相談くださいね (^^)ノ


 

Facebookタイムライン活用術

Facebookページの活用法




●来訪者を逃がさないホーム
ページデザインのコツ!
【ダイジェスト版】

●ホームページで儲けられる
人、儲けられない人。

●Twitter無料レポート
ファンを作り、
ブランディングを確立し、
告知用の機関銃と大砲を
持つためのテクニック
ツイッターは使う人で
スタイルを変える

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「Pinterest」編

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「写真コーナー」編

●売れるメディア作りの魔法
の言葉・AIDMA

●アフィリの神髄!初心者も
解れば出来る月収30万
サイトの作り方【アフィリ
エイトサイト用テンプレー
ト付き】

●Googleアドセンス5段階
攻略法(100点満点テンプ
レート&再配布権付き)

●日本語サイトを一瞬で英語
サイトに変えるスゴ技!
(再配布権付き)

●趣味のサイトで稼ぐための
5Step

●相互リンクが危ない?!
SEO対策の基礎の基礎
安全な被リンクを獲得する
方法(googleページランク
4以上の検索サイト50サイト
リスト付き)

●簡単初心者向け・わかりや
すいSkype(スカイプ)の使い
方【図解&動画】マニュアル
2010年版(再配布権付き)

無料レポート一括ダウンロード








コンテンツ一覧