ソーシャルメディアのリスト活用法

ソーシャルメディアの代表格FacebookでもTwitterでも「リスト」が作れます。


この「リスト」を使いこなす事で、色んな事が効率良く行なえるようになるんですね。


まず「リスト」は、デスクトップ上のフォルダのようなもので、「分類」するために作るものです。


例えば、ボクならTwitterで「tennis」と言うリストを作ってあり、フォロワーさんの自己紹介欄に「テニス」があればリストに入れます。


そうする事で、そのリストページを見に行けば、テニス好きのみなさんのつぶやきだけがピックアップされて読めるのです。


さらに、そのリストは、みなさんからも見れるため、テニスが好きな方は、テニス好きの人のリストメンバーをフォローすれば、ご自分のフォロワーさんはテニス好きだらけに出来るのです。^^


まぁ、このように属性を絞ってフォローしまくれば、ほとんどテニスに関するつぶやきや、会話だけに終止出来ます。




と言うことで、ツイッターの楽しみ方のひとつとして、「リストを探索する」楽しみ方もあるのです。


この人、どんなリスト作ってるのかな?


なんてね…。^^




それから、もうひとつのTwitter上の「リスト」の楽しみ方。


それは、あなたがどんなリストに入れられているのかも知る事が出来ると言う事。


それには、左メニューにある「リスト」をクリックします。


でも、リスト数が「0」じゃダメですよ。^^


そこに数字があれば、その数分のリストに入れられていますので、あなたが、どんな人に、どんな分け方で、どんな人達と一緒に分類されているか、これを見るだけでも、かなり楽しいです。




それから、Twitterの「リスト」は非公開に出来ます。


この意味分かりますか?


あなたの作った「リスト」を隠せるのです…。


「隠してどうするんだ?」なんて聞かないでくださいね。^^


例えばですが、色んなつぶやきに反応してあなたがつぶやきを返したり、あなたのつぶやきに返信が来たりして、相手が徐々に見えて来たら、お客様になり得る確率で「リスト分け」するのです。


または、問い合せをくれた人を「リスト分け」しても良いし、そこからさらに何回かダイレクトメッセージでやりとりした人を、一段上の「Bリスト」から「Aリスト」に移動させても良い。


さらに、ツイッターからお客様になってくれたら、どんな商品のどのくらいの価格帯のお客様なのかと「顧客濃度」で分けても良い。


これは、こちら側のツイッター上の「顧客リスト」です。


あなたには見えていても、他の人からは見えない「リスト」…。




Facebookにも「制限」と言う非公開リストがあり、ブロックや友達を解除しなくてもこのリストに入れれば、相手に知られずに投稿が表示されなくなります。^^




と言う事で、ソーシャルメディアのTwitterとFacebookのリストについて書いてみました。


あなたはどんな使い方が浮かびましたか?


 

Facebookタイムライン活用術

Facebookページの活用法




●来訪者を逃がさないホーム
ページデザインのコツ!
【ダイジェスト版】

●ホームページで儲けられる
人、儲けられない人。

●Twitter無料レポート
ファンを作り、
ブランディングを確立し、
告知用の機関銃と大砲を
持つためのテクニック
ツイッターは使う人で
スタイルを変える

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「Pinterest」編

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「写真コーナー」編

●売れるメディア作りの魔法
の言葉・AIDMA

●アフィリの神髄!初心者も
解れば出来る月収30万
サイトの作り方【アフィリ
エイトサイト用テンプレー
ト付き】

●Googleアドセンス5段階
攻略法(100点満点テンプ
レート&再配布権付き)

●日本語サイトを一瞬で英語
サイトに変えるスゴ技!
(再配布権付き)

●趣味のサイトで稼ぐための
5Step

●相互リンクが危ない?!
SEO対策の基礎の基礎
安全な被リンクを獲得する
方法(googleページランク
4以上の検索サイト50サイト
リスト付き)

●簡単初心者向け・わかりや
すいSkype(スカイプ)の使い
方【図解&動画】マニュアル
2010年版(再配布権付き)

無料レポート一括ダウンロード








コンテンツ一覧