ホームページ作成の最近のブログ記事

インターネットから収入を得る場合、ひとつは自分の商品やサービスを、ホームページなどのメディアで告知し購入してもらう場合と、自分の商品などが無く他の人の商品やサービスの販売代理をする場合の、二通りがあります。

今回は、自分の商品やサービスが無い人の場合を詳しく書いてみます。

ただし、販売代理(アフィリエイト)に関してはご存知と想定して書きます。



まず、インターネットを何でも載っている巨大な辞書と想定して、自分のホームページも辞書の一部分を担うと考えると、自分の作るホームページの役割がおぼろげながら見えて来ます。

まだ見ぬ誰かのためにあなたの持つ何かのノウハウを書き綴り、その記事でひとりでも疑問が解けたり、安心したり、前に一歩進めるようになれば良いのです。



この「考え方」が理解できたら、次は「量」です。

ひとつのノウハウや事例に対してあなたの考え方はひとつですが、それを着眼点を変えたり、結果から書くなど、色んな書き出しで多くの記事に加工します。

あなたの持つノウハウの肝は明確で一言で言えるものだとしても、色んな角度から書いてください。

ひとつ一つの記事があなたのホームページ(ブログ)への入り口になりますから。



次はアクセス解析を導入して「質」を上げて行きます。

大きなホームページ(ブログ)に育って来たら、以下の3項目をチェックします。

「アクセス解析」は、ホームページへ訪問した人の動きに関してのデータの事ですが、中でも重要なのが「リピート率・滞留時間・コンバージョン率」の3項目。

なのでマスターし、改善方法を覚えておきましょう。

作った以上、作り続けていく以上、正しく育てないと意味がありませんからね。


●リピート率:一定期間内に同一顧客が何度ホームページを訪問したか。

リピート率を上げるにはアクセス解析のデータから、再訪率と閲覧傾向を把握し、何度も見られているコンテンツ(ページ)を分析します。

また、訪問者の傾向とホームページの構成が合っているかを検証し、今後のコンテンツの方向性を決定するのに利用します。


●滞留時間:どのくらいの時間ホームページ(ブログ)に留まっていたか。

滞留時間を増やすには、ホームページ内のコンテンツの階層を明確にする必要があります。

アクセスして来た最初の1ページだけを見て帰られてしまったり、トップページだけで帰られたりする場合は、メニューバーに問題を抱えている場合が考えられます。

メニューの位置や階層構造をチェックし、サイト内のコンテンツを分かりやすく配置してみてください。


●コンバージョン率:サイト訪問者数に対して実際に何人と取引できたか。

コンバージョン率は一般的には3〜5%といわれています。

掲載している商品やサービスの価格帯にもよりますので、あくまでも一般的にと言うデータです。

今回は自分の商品やサービスを持たない場合なので、販売代理の広告という事になります。

そして、どんなに多くの訪問者があっても、掲載しているサービスや商品の広告リンクから成約に結びつかないのであれば、表現に欠陥があるということですから、サービスや商品の良さを伝えて行くための伝達力を磨きましょう。

まずは、サービスや商品を使ったり体験した後をイメージさせるための、文章力をつけましょう。



ホームページ(ブログ)はいくらでも加筆修正が出来ます。

あなたのホームページを巨大な辞書の一部とイメージして、育てて行く感覚を持てば、そこに関連した広告を掲載して無理無く収益を上げられますよ。

いかがでしょうか。

ホームページ(ブログ)を作ってアフィリエイト広告を掲載し収益を上げるのは、あなたが収入を得るために行なう事ですが、間違って欲しくないのは「誰のためのホームページ(ブログ)か」と言うことです。

あなたが作るあなたのホームページですが、あなたが見て楽しむためのものであってはなりません。

見知らぬ誰かを助けるためのホームページであるべきです。

アフィリエイト広告への誘導は二の次にしましょうね。



見知らぬ人達があなたのホームページ(ブログ)で救われたら、たくさんの人に知らせてくれたりして多くの人が訪問するようになります。

そうなって初めて、アフィリエイト広告へ興味を持ちクリックする人が少なからず現れますからね。

それまではコツコツとホームページを充実させてくださいね。

充実させられたら収益は加速度的に増えて行くはずです。



今回の「量」と「質」で攻める方法は「SEO対策」を必要としません。^^

ですから、あなたはコンテンツの充実だけを考えてください。

それでもちゃんと結果は出ますから。
今回はレスポンシブ・ウェブデザインのお話です。

レスポンシブ・ウェブデザインってご存知ですか?

ホームページを見に来る機器は多々ありますね。

パソコン、タブレット、スマホ、携帯電話等ですね。

その全ての機器での表示に対応させることを、レスポンシブ・ウェブデザインと言います。



あなたがホームページを持っていたり、ネットショップを運営していたら、レスポンシブ・ウェブデザインについて、そろそろ考えないといけない時期になって来たのです。

何故なら、最近のあなたのホームページへの訪問者が、スマホや携帯で見に来ている確率が高くなっているからです。



確かに、パソコンサイトの多くが携帯で見た時は崩れても、スマホで見ると小さくはなるけど崩れていない。

だから、2本指を使って拡大して見てもらえるだろう。

などと思っていませんか?



もし、あなたがiPhoneやアンドロイドだったとして、あるホームページを見に行った時、小さく表示されていたり、拡大して見ていてもどこを見ているのか分からなくなったりしたら、ストレスが溜まって離脱しますよね?

ね? 自分がする事は他人もきっとするはずなんです。

ですから、なるべくレスポンシブ・ウェブデザインに、していく必要があるんです。



例えば、今年に入ってから生徒さんと作っている、アフィリエイト用のサイト群ですが、Jimdoで作っているのでスマホでも対応しています。

色んなサービスのサイトのポータルとしてのサイトが下記です。

design1.jpg

同じサイトをパソコンで見た時と、スマホで見た時の様子です。

パソコンサイトで同じチーバ君の画像を大小2つ使っている訳は、スマホの方ではパソコン用のヘッダー画像を読み込まず、メインコンテンツの「◎コンテンツ一覧」から表示させてしまい、導入部分が文字情報ばかりで淋しかったので、わざわざ小さくしたものを入れてスマホにも表示させたからです。^^



パソコンサイトを見た方からすると、同じ画像がサイズ違いで何故ダブっているのか?と思う人もいるとは思いますが、このサイトはTwitterでアクセスを流し込んでいるので、半数以上はスマホのユーザーなんです。

だから、どちらかと言うとスマホユーザー寄りになっても、しょうがないんです。^^



と言う訳で、あなたのサイトはどの機器から見に来てもきちんと表示されますか?

MTだったら最新にバージョンアップして、スマホ対応のテーマに着せ変えればOKですし、ワードプレスだったらプラグインをひとつ入れればOKです。

ぜひレスポンシブ・ウェブデザインにしてくださいね。
さて、サービスやモノを売るのには、ホームページ、ブログやソーシャルメディア、メルマガ、一体どれが良いのか?

という悩みを持ってる人はたくさんいると思います。

あれが良い、これが良いという評判が、毎日ネット上を飛び交っているので、結局どうしたら良いか分からなくて混乱してしまいますよね。



わたしの結論を言うと、どれも重要!

ということになるのですが、メディアはそれぞれ持っている機能等によって役割が違うんですね。

これを使えばベストで物が売れて行くという事ではなくて、集客の仕組みの中で適材適所で組み合わせて使うのが正解です。



では、「集客の仕組化」って一体何なのかという事ですね。

インターネットを使ってできることは、ざっくり分けると以下の3つです。

1)見込み客を集める(見つけてもらう)

2)見込み客を顧客にする(買ってみてもらう)

3)顧客をファンにする(リピーターになっていただく)

まずはあなたのサービスに興味がある人を集めて、次に、その人たちに自分のサービスを使ってもらって、最終的に、リピーターになってもらう。

この繰り返しなんですね。

ほとんどの商売は同じ事を繰り返すのですから、仕組化してしまえば後が楽じゃないですか?^^

問題なのは、ホームページ、ブログやソーシャルメディア、メルマガを使って、どうやってあなたのサービスを伝えて、購買欲を芽生えさせるかって事なんですね。



ホームページ、ブログやソーシャルメディア、メルマガには、それぞれ長所と短所があるので、長所を活かした役目を与えなければいけません。^^



では、まずは見込み客を集める時に使うものはどれが良いでしょうか?

1)情報量が豊富なホームページ

2)コミュニケーションがしやすいブログやソーシャルメディア

3)積極的に情報発信できるメルマガ



さて、いかがですか?





























答えは1の「ホームページ」でした。

異論がある方、いらっしゃいます?^^



2)のブログやソーシャルメディアは、お客様との関係性を深めるためのコミュニケーション頻度を上げるツール。

1)のホームページを知ってくれた見込み客との関係を良くしたり、深く知ってもらうための補助的ツールになります。



3)のメルマガにおいては、メールアドレスを提供してくれたお客様へお得な情報を届けるツール。

つまり、濃いリピーターになってもらうために使っていくと良いツールです。



ちょっと元に戻って、見込み客を集めるのに何故、1のホームページが最適なのかですが、見込み客がネット上で一番頻繁に出入りしているところはどこか?

インターネットは情報の宝庫と言われていますが、その宝庫に行って情報を取って来るにはどうします?

検索エンジンへ行って「検索」しますよね?

その時に、見込み客が入力したキーワードに反応させられるのが、豊富なキーワードであなたのサービスを表現したホームページなのです。

あくまで、豊富な情報(キーワード)があるホームページが前提ですよ。^^

2〜30ページで「集客できない〜!」なんて言ってちゃダメですよ。



ですから、見込み客を集めて、お試ししてもらって、リピーター化してもらうには……



豊富な情報量(キーワード・ページ数)のホームページを運営し、ホームページを訪れてくれた見込み客と、ブログやソーシャルメディアで顔出ししてコミュニケーションをとり、関係性(信頼・親密度)を良くして、サービスや商品を一度購入して試してもらい、メルマガでお得な情報を適正な周期で届けて固定客になっていただく。



あなたはひとつのツールでみんなを賄ってしまおうとしていませんか?^^

むりやり役目を増やしてしまうと、例えば、ブログやソーシャルメディアで売り込みを掛けて嫌われる、そんな事になりかねません。

人材に適材適所があるように、ツールにもあるのです。



まずは、充実したホームページを持って下さい。

他のメディアはそれからで良いのです。^^

久々にホームページネタです。^^

今回はあなたのホームページにドラエモンやアンパンマンのキャラクター画像を、無料で且つ著作権などにも触れずに載せる方法です。

通常はキャラクター商品などの掲載は、著作権を持つ会社や作者に申請し、使用料を支払って許可が出るものです。

それを今回は無料で載せてしまう!^^

さらに見つかったとしても何等問題は起こりません。^^

お子さん向けの商品を販売するショップサイトなどには、キャラクターの画像が欲しいところですね。

今回の方法を使えば載せ放題ですよ〜。

どんな方法だと思いますか?


1)Amazonアソシエイツ(アフィリエイト)に登録します

2)お好みの画像を見つけて「画像のみ」の広告コードを取得します

Amazon-doraemon.jpg

3)載せたい場所に広告コード(HTML)を貼ります


これでドラエモンがあなたのホームページに載ります。

他にもアンパンマンやディズニーキャラクターなどもありますよ。

どんどん、載せちゃってください。

おまけでアフィリエイト報酬も入るかもね〜。^^


今日も読んでくれてありがとう。



あなたはホームページをいくつ持っていますか?



通常は「ひとつ!」と言う答えでしょう。^^

ひとつを頑張って育てているんですよね?

何事も他に浮気せず、わき目を振らずに続けることが美徳ですからね。^^



でもですよ、ひとつだと成果が伸び悩む可能性があるんです…。

一つのサイトで「反応が伸び悩んでるんだよな〜・・・。」

と悩んでいる場合は、ぜひ、サイトのセパレート化を考えてみましょう。



商品やサービス毎に、

独立したホームページを作って行く、

ということですね。



これは、あなたが思っている以上に効果が上がります。

何故なら、あなた自身が、自分の持っている製品知識を再掘り返しするから。

一つの商品やサービスに特化して、組み立て直す。

きっと、見直しの中で「抜け落ちていた宝物」を見つけるはずです。^^

ぜひ、騙されたと思ってチャレンジしてみてください。



また、いくつかのブログやサイトを運営している方は、コンテンツの統合化を考えてみると良いです。

バラバラで進めていたコンテンツの中で「括り」が見つけられないか?

もし、あのブログのこのカテゴリーと、あのサイトのこのコンテンツが纏まる。

それが見つけられたら、新しいサイトを作って、コンテンツを見直して、記事を再構築してみてください。



再構築ですよ、書き直しです。

間違ってもコピペでまとめてはいけません。^^

そして、元のブログやサイトから新サイトへリンクを貼ってやります。



これも、あなたの中の商品知識の再構築が出来るので、分かりやすくて使いやすいサイトになる可能性が高いです。



サイトのセパレート化と、コンテンツの統合化。

この作業は、あなたの中の商品知識を再構築して、ユーザーが使いやすいユーザビリティーの高いサイトが作れます。

ですので、反応が良くなるんですね。



古くからのサイトには愛着がありますよね。

でも、そこには、昔のあなたもいるのです…。



自分でやるのが大変だったら、業者さんとタッグを組んで始めましょう。

如何に優秀な業者さんでも、商品知識だけはあなたに敵わないのですから。



ホームページやブログを使って商品やサービスの情報を「発信」してみたい方!

ソーシャルメディア(Facebook、Twitter、アメブロなど)で集客に結びつけたい方!

今すぐ「西」までご連絡を! このリンクからメールしてください。

※日本全国どこからでも、「相談のみ」でも、無料でOKですよ~。v(*^o^*)v



Facebookタイムライン活用術

Facebookページの活用法




●来訪者を逃がさないホーム
ページデザインのコツ!
【ダイジェスト版】

●ホームページで儲けられる
人、儲けられない人。

●Twitter無料レポート
ファンを作り、
ブランディングを確立し、
告知用の機関銃と大砲を
持つためのテクニック
ツイッターは使う人で
スタイルを変える

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「Pinterest」編

●Facebook
タイムライン活用ノウハウ
「写真コーナー」編

●売れるメディア作りの魔法
の言葉・AIDMA

●アフィリの神髄!初心者も
解れば出来る月収30万
サイトの作り方【アフィリ
エイトサイト用テンプレー
ト付き】

●Googleアドセンス5段階
攻略法(100点満点テンプ
レート&再配布権付き)

●日本語サイトを一瞬で英語
サイトに変えるスゴ技!
(再配布権付き)

●趣味のサイトで稼ぐための
5Step

●相互リンクが危ない?!
SEO対策の基礎の基礎
安全な被リンクを獲得する
方法(googleページランク
4以上の検索サイト50サイト
リスト付き)

●簡単初心者向け・わかりや
すいSkype(スカイプ)の使い
方【図解&動画】マニュアル
2010年版(再配布権付き)

無料レポート一括ダウンロード








コンテンツ一覧