メインイメージ

検索エンジンからの
集客をイメージ出来れば、
あなたが寝ていても
客は途切れ無くやって来る。

SEO対策は難しいと言うイメージがありますが、
基本的な事は誰でも出来るようになれます。
特に、文章を書く時に「キーワード」を意識して書けば、
それだけでも内的SEO対策になり、
検索エンジンから客が流れ込むようになります。


下記の検索結果の画像をご確認ください。
この画像は「このページの検索結果」です。
「キーワードコピー」で検索すると、GoogleとYahoo! 両方とも1位にいます。

このページを何故、1位に表示させられるのか?
あなたは知りたくありませんか?

答えは「キーワード」の使い方です

ホームページで収入を得ようとした場合、
それがショップページであれ、アフィリエイトページであれ、
読み手の心理を想定して、あなたの望む結果へ導く「誘導文」が書けることが必須となります。

今回のわたしの教材は、
「読み手の感情を引き出し、クリックさせるライティングテクニック」
にプラスして、
「キーワードを活かした、検索エンジンで上位表示させるライティングテクニック」
を、「キーワードコピー」と題してまとめました。

キーワードコピーとは、検索に効果があると思われるキーワードを、
サイトの文章に効果的に埋め込むことで、検索エンジンに評価されやすく、
かつ、クリックされやすい形の文章に加工するテクニックです。

簡単に言うと「キーワードを意識したコピーの書き方」と言うことです。

よくキーワードを意識し過ぎてしまったために、
見るも無惨な伝わらない文章になってしまっているサイトを見かけます。

反対に伝わる文章が書けているのに、上位表示されない、
拾ってさえもらえないと言うサイトも存在します。

どちらのタイプも、ホームページを形作る文章と言う意味では必要条件を満たしていません。

ホームページの文章は魅力的な文章でありながら、
効果的にキーワードが埋め込まれていなくてはならない
からです。

あなたはどこで文章力を養いましたか?

よくインターネットの世界で成功するためには、「先に与えろ」と言われます。

無料レポートを配布したり、パワーサイトと呼ばれる「豊富な情報量」のサイトを作り、
まずは貢献することが先決だと言う意味ですね。

確かに一理ありますし、リピーターになってもらう意味では効果があります。

しかし、ホームページを作って目標を達成するための必要最低限の条件とは
「文章力があること」
です。

何を書いても、どのような情報を提供しても、伝わらなくては意味がないからです。

文章の書き方には基本があります。

例を挙げると「起承転結」と呼ばれるものや「5W1H」と呼ばれるものですね。

でも、これとても「最も基本となる部分」をマスターしていてこそ活きる
テクニックにすぎません。

最も基本となる部分とは、
読み手の感情を刺激する書き方を出来ているかどうかなのです。

では、読み手の感情を刺激する文章を、毎日書いている人物とはどんな人でしょうか?

プロのライターですね。

それも、雑誌などの長文を得意とするライターではなく、
広告用のキャッチコピーやボディーコピーなど、
完結にまとめる文章を得意とする商業コピーライターです。

今回の教材は、現役の広告用プロライターに持てるものの全てを出し切ってもらい、
わたしが監修してまとめたものです。

ここで、ノウハウを提供してくれた現役コピーライターの
風嶺瞭(かざみね りょう・ハンドルネーム)氏をご紹介しましょう。

コピーライター歴25年、フジフィルム、モービル石油、東京電力などの、
セールスプロモーションツールを手掛けたバリバリのプロです。

顧客心理を突いてくるコピーは、ディレクター達から引く手あまたで、
わたしが大きなプロジェクトを手掛ける際にも、
まずは風嶺氏を確保することから始めたくらいです。

そこら辺の起業家が書いたコピーライティングの商材とは中身が違います。

ぜひここで、本物のプロライターのテクニックを身につけてください。

あなたは下記項目のいくつを達成出来ていますか?

ここで教材の目次をご覧いただきましょう。

この項目をチェックするだけでも、成約させるために必要なモノが分かります。

目 次

前書き   あなたの文章力を上げ、実用的にするために

第1章   インパクトのある文章の書き方とは

第2章   売れる文章の書き方とは

第3章   魅力的な文章の書き方とは

第4章   心理を読んだ文章の書き方とは

第5章   反応させる文章の書き方とは

第6章   感動させる文章の書き方とは

第7章   「魅力的なタイトル&キャッチ」の作り方

第8章   感情を引き出す「魅力的な文章」の作り方

第9章   「魅力的な文章」から「キーワードコピー」へ

まとめ   「キーワードコピー」の有効性

第6章までは、あなたの文章力の底上げをするテクニックです。

コピーライティングの基本をきちんとマスターしていただきます

そして、第7章からこの教材の骨子となる「魅力的な文章の作り方」と、
その文章の「キーワードコピー」への展開法となります。

そして、第8章では「心理を想定」して書き上げるライティングテクニックを、
例文を使いながら分かりやすくご説明しています。

どのように書くと、どう言う心理が働くのか、実際に読みながら検証して、
魅力的な文章の書き方を覚えて行きます。

第9章で今までのテクニックを活かして作り上げる「キーワードコピー」への
展開法を解説しています。

「魅力的な文章」と「キーワードを効果的に埋め込んだ文章」の融合を体験してください。

キーワードコピーへの展開法はコツをつかめばすぐに覚えられます。

あなたに本当に必要なのは文章術です

上記の目次の項目をご覧いただいて、あなた自身いくつ達成されていると思われましたか?

この目次の項目に魅力を感じていただけないとしたら、
わたしのこのセールスページの戦略は間違っていると言うことです。

しかし、「自分にも目次にあるような文章が書けたら・・・」、そう思われたとしたら、
あなたはすぐに身に付けるべきです。

何故なら、文章力を持たずにインターネットの世界で戦うことは、
武器も盾も持たずに戦場に赴くことと等しい
からです。

完全理解!ガンガン集客し、バンバン売りまくる

キーワードコピーの作り方

コピーライティングの基礎
「感情を引き出す魅力的な文章」の作り方
SEO対策としての「キーワードコピー」への展開法
A4:99ページ
PDF版

特別価格:¥1,980


ペイパルを利用してクレジットカードで
お支払いいただけます。
クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。



教材提供:ホームページSOS
西 佳宏
最後に重要なアドバイスをさせていただきます。

「多くの文章を読めば文章力は上がる」、
「売れているサイトの文章から勉強できる」、
「この文章をマネれば誰でも売れる文章が書けます」、
このようなフレーズは全て嘘だと思ってください。

文章の基礎とその知識に基づいた分析力を持たずに、
どれほど多くの文章を読もうとも、文章力は養われません。

もし、大量の文章を読めば素晴らしい文章が書けるのであれば、
毎日新聞を読んでいる人は上手な文章が書けることになります。

効果的に文章力を上げるためには、
基礎を身に付けてひたすら書く以外はあり得ません。

自分から学ぼうと行動を起こす以外に道は無いのです。

ただ、ひたすら書く時に、プロの指導書があれば、
無駄無く上達できると言う事実があるだけです。

集客アドバイザー